不動産に関わるお支払い代行サービス

ハワイ不動産所有者に好評のサービス

セントラル パシフィック バンクにチェッキング口座をお持ちで、ハワイに不動産を所有する日本のお客さまにご好評をいただいているのが「不動産支払い代行サービス」です。管理費や修繕費など、支払いタームが異なる各種お支払い手続きを、セントラル パシフィック バンクがお客さまに代わってトータルでお引き受けいたします。お客さまの口座を直接動かすことができるのは、銀行だからこそ提供できるサービスです。

不動産に関わるお支払い<br> 代行サービスとは?

不動産に関わるお支払い
代行サービスとは?

管理費などの毎月の支払いをはじめ、年更新が必要なもの、急に発生する修繕費など、お客さまの不動産にまつわる支払い手続きをすべてセントラル パシフィック バンクが代行いたします。お客さま宛ての請求書を当行が受け取るため、見慣れない英語の請求書などを確認する必要はありません。さらに、当行がお客さまの口座から直接お支払いをするため、面倒な申請や手続きも不要。日本在住の方におすすめのサービスです。

主なお支払い内容

  • 管理・メンテナンス料金
  • 公共料金(電気・電話・水道など)
  • 通信料(ケーブルTVなど)
  • 税金(固定資産税など)
  • ローン
  • 保険料
  • 修繕費

ほか

お支払い代行の流れ

1

請求書の受け取り先をセントラル パシフィック バンクに設定

まずは、お客さまご指定のお支払い先へ、請求書の送付先住所をセントラル パシフィック バンクに変更または登録していただきます。

2

請求書がセントラル パシフィック バンクの担当者へ届く

お客さまご指定のお支払い先から発行される請求書を、セントラル パシフィック バンクが受領し、内容を確認します。

3

お客さまの口座から直接お支払い手続き

セントラル パシフィック バンクがお客さまに代わって、お客さまのチェッキング口座からお支払い手続きを行います。

  • 自動引き落としの場合

光熱費や税金など固定費の多くは自動引き落とし設定ができ、自動的にお客さまのチェッキング口座から支払い先へ請求額が引き落とされます。もし残高不足で支払いが滞った場合は、セントラル パシフィック バンクがすぐにお客さまへご連絡します。

  • チェックでお支払いの場合

自動引き落としの設定をしていない場合や設定ができない場合、チェック(小切手)でお支払い手続きを行います。その際、チェックの発行手数料と郵送料が別途かかります。

4

残高不足の場合にも対応

自動引き落としサービスをご利用中に口座残高が不足すると、引き落としができないため支払いが延滞となります。その場合はセントラル パシフィック バンクがすぐにお客さまへご連絡。お客さまは必要額をチェッキング口座に送金すれば、その後のチェックを切るといった支払い手続きはすべてセントラル パシフィック バンクが行います。

当サービスを受けるには

当サービスは、ハワイに不動産をお持ちで、セントラル パシフィック バンクにチェッキング口座を開設しているお客さまにご提供しています。預金額によっては無料でご利用いただけます。

ハワイに不動産を
お持ちの方

当行のチェッキング口座をお持ちの方

サービス料について

当行の各種口座の預金合計額が25万ドル以上のお客さまは、無料でご利用いただけます。25万ドル未満の場合は月額利用料がかかります。

預金額が月平均25万ドル以上の場合 預金額が月平均25万ドル未満の場合
月額 無料 $60

お申し込み・ご質問は、WEBのお問合せフォームからどうぞ