日本在住のお客さま

日本在住の方でも口座開設が可能です

セントラル パシフィック バンクでは、ハワイやアメリカに暮らす方はもちろん、ソーシャルセキュリティ番号を持たない日本在住の方でも口座を開くことができます。ハワイの不動産を所有している方や、ハワイに頻繁に来る予定のある方は、当行での口座開設をぜひご検討ください。

ハワイに口座を開くメリット

1

日本円ードルの両替が不要

ハワイの口座にお金を入れておけば、ハワイの街中にあるATMで、いつでも気軽にドルでの現金のお引き出しが可能です。旅行前に日本円からドルに両替をする手間もなく、大量の現金を持ち歩く必要がないため安全です。

2

ハワイ現地で24時間現金のお引き出しが可能

ワイキキやアラモアナをはじめ、ハワイ内に約70ヶ所あるセントラル パシフィック バンクのATMで、24時間いつでも手数料無料で現金のお引き出しができます。

3

便利なデビットカードでお買い物

口座を開設したその日に、デビット機能を付帯したカードが発行されます。ハワイで現金を持ち歩くことなくお買い物ができるため、とても便利です。

日本とハワイ、銀行の違い

ハワイの銀行には通帳がありません。そのほか口座の種類や手数料の有無など、日本とハワイの銀行の違いについてご紹介します。

口座を開くには

日本で必要な準備や、ハワイ現地での申し込みなど、口座開設の流れをご紹介します。口座開設に関する注意点もありますので、ぜひご覧ください。

便利なサービス

ASC 2915 3E

国際部のご案内

国際部では、日本在住の方を対象に、お客さま専属の日本人バンカーによるプライベートバンクサービスをご提供しています。

Adobestock 170450078

海外送金

日本からハワイの口座へ送金をする際に必要な情報についてご紹介します。

Adobestock 412403976

不動産に関わる
お支払い代行サービス

管理費や公共料金、税金など、ハワイで不動産を所有していると発生する各種支払いの手続きを、お客さまの代わりにセントラル パシフィック バンクが行います。

Adobestock 100937588

投資のご相談

日本在住のお客さま向けに、ハワイの投資信託や利率の高い投資商品をご案内いたします。

⚠︎ご注意:合計口座残高が1万ドル未満の場合、月額$20の手数料が発生します

2022年4月1日(予定)より、アメリカ非居住者で、アメリカの社会保障番号「ソーシャルセキュリティ番号」および有効なVISA(査証)のどちらもお持ちでないお客さまの場合、セントラル パシフィック バンクにお持ちの全ての口座の合計残高が1万ドル未満になると、月額$20の口座維持手数料が発生します。日本にお住まいのお客さまも、この手数料の対象となりますので、ご注意ください。

詳しくはこちら

よくあるご質問

日本で口座開設
できますか?

日本から送金
するには?

W-8BENとは?
書き方がわからない

休眠口座とは
何ですか?

Contact123

口座開設のご相談は、日本語でどうぞ

口座開設についてのご相談、その他サービスについてのご質問を、日本語でお気軽にお問い合わせください。セントラル パシフィック バンクの日本人スタッフが対応いたします。ハワイ現地の店舗にて、ハワイ非居住者のお客さまを対象に、対面でのご相談も承っております。なお、店舗でのご相談には事前予約が必要です。「ご来店のご予約」ボタンをクリックし、事前にご予約をお取りください。

これより外部サイトに移動します

これより先は、外部サイトに移動します。移動先は、連邦預金保険公社 (FDIC)の保証外にあたるなど、リスクを伴う可能性があります。

よろしければ、「外部サイトに移動」をクリックしてください。当サイト に留まる場合は「戻る」をクリックしてください。